麻布俳句教室

麻布で俳句――。「卯浪俳句会・麻布教室」で俳句を学ぶ仲間の活動記録です。

毎月第2土曜日開催の卯浪俳句会・麻布教室は、一緒に学ぶメンバー募集中です!当教室の詳細は、本ブログの「麻布俳句教室について」「佳田翡翠講師について」をご覧ください。 体験ご希望の方は、online@haiku.jp へご連絡ください。

俳句を始めてみると、
びっくりする季題に
遭遇することがあります。

思い返すと、
ビックリ第1号は
「小鳥」でした。

「え、小鳥なんて
年中いるじゃない?」
と思い、頭の中が
??? となりました。

いろいろな小鳥が
秋になると渡ってくるから
小鳥は秋の季題だったのですね。
今でも、小鳥と聞くと
あのときのビックリを思い出します。

ということで、今日は鳥のお話です。

6日の日曜日、
風虎さんからとても可愛い
写真が送られてきました。
不忍池までウォーキングし、
面白い風景を発見して
思わず撮られたもの。
風虎さん、ありがとうございま~す!!
190106風虎さん不忍池ゆりかもめ (450x253)

ゆりかもめの整列です。
杭に1羽ずつとまっているのが
なんともお行儀がよくて。
見えにくいかもしれませんが、
木の陰の杭にも
ずらりととまっています。

ゆりかもめは、
ユーラシア大陸ほぼ全域に
生息している鳥。
ユーラシア北部で繁殖して、
冬季は日本などのアジアやアフリカで過ごします。

冬には頭部が白いですが、
夏には頭部から顔面にかけて
黒い毛に変わります。
ゆりかもめが夏を日本で
過ごすことはほぼないので、
国内でツートンカラーの
ゆりかもめを見ることはありません。

風虎さんに送ってもらった
写真のゆりかもめも
色白です。

ゆりかもめは
漢字だと百合鴎と書きますが、
日本で見るときは
百合のように白いからですね。
ツートンだったら
きっと別の名になっていたことでしょう。

都鳥ともいい、
季題は冬12月。
都鳥はもともとは関東での
呼び方だったのだそうです。

都鳥水汚れたる世となりし
岡安仁義

都鳥空は昔の隅田川
福田蓼汀


『伊勢物語』以来、
都鳥は隅田川とペアで
和歌や歌謡にうたわれてきました。





今日の午前中、
全国的に部分日食が
3年ぶりに見られたのですが、
ご覧になりましたか。

今年もはや6日。
今日から小寒に入りました。

今週末は麻布俳句教室の
初句会です。

兼題は、大根と注連飾です。

注連飾といえば、
暮れに銀座の三越に行ったところ、
注連飾の特設コーナーが
できていました。
素敵な注連飾が数々並ぶ中、
こんなに豪華な注連飾もありました。
注連飾 (2) (338x450)

下世話な話ですが、
いくらだったと思いますか?

25920円(税込)でした!
我が家に、もし、
こんな高価な注連飾を飾ったら、
なくなりはしないかと心配で
見張りに立つかも知れません。

この特設コーナーには、
ちゃんと注連飾の説明が
されていました。

それによると、

注連飾のもととなる「注連縄」は、
古くは「古事記」「日本書紀」などに
「シリクメナワ」という名称で
登場するとのこと。

「シリクメナワ」は、
邪気を防ぐ結界のような役目を果たし、
縄を張った内側に
邪気が入るのを防ぎ、
清浄な空間にしてくれるのです。

これから転じて、
年末に、年神様をお迎えする準備として
注連飾を家の内外に飾るように
なったそうです。

古井戸のつかはぬままに注連飾
山口青邨


おお、井戸があれば
井戸にも飾りますね。
たとえ、もう使っていなくても。

地域や用途によって
いろいろな注連飾があるそうです。
IMG_3517 (338x450)

そういえば、少し前まで、
注連飾を付けている車を
よく見かけました。
最近は見かけませんね。

注連縄を外すことを
注連明(しめあけ)といい、
これも新年の季題。

いつ注連明するかは
地方によっても、時代によっても
違うらしいのですが、
小正月を過ぎたらという説と
松の内が過ぎたら、という説がありますが、
最近では松の内が過ぎたらというのが
一般的になっているようで。
となると、明日、明後日には
外さなければ、ですね。

新年明けましておめでとうございます。
皆様のご多幸と益々のご繁栄をお祈りいたします。

今年も詩音さんに送ってもらった
ありがたい富士山の写真から
ブログのスタートです。
富士山

新年の句を読んでいましたら、
なぜか「二階」が出てくる句を
二句発見しました。

日のあたる二階へ御慶申しけり
髙田 正子

御年初の返事をするや二階から
一茶


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年も残すところ
今日を含めてあと二日ですね。

今年は皆さまにとって
どのような年だったでしょうか。
楽しく作句に励まれましたでしょうか。

数日前、卯浪集11月号が届きました。
麻布俳句教室のメンバーの
特選句をご紹介します。
今回もたくさん選ばれました。
おめでとうございます!

IMG_2788 (338x450)

<肥塚英子先生選>
通り雨花柊を散らし行く
一剣

ひたすらの群青に浮く後の月
香深

ひらがなの筆のはこびよ風の荻
ひとみ

<山本素竹先生選>
静寂や僧侶清めし庭に冬
詩音


今日は、今年最後のブログ投稿です。
今年もお読みいただき、ありがとうございました。
来年が皆さまにとって充実の
1年になりますことを
お祈りいたします。
クリスマス (338x450)

幸せは角を曲がったところで
待っています。
(やや季節外れの写真ですみません)


昨日、12月23日は
天皇誕生日でしたが、
もう一人、誕生日を迎えた人がいます。
東京タワーさんです。

昭和33年12月23日開業で、
昨日で還暦を迎えました。
東京タワー還暦 (338x450)

昨日の東京タワーは
還暦を祝って「60」が輝いていました。

同じく麻布俳句教室にも
お祝いすべき、
おめでたいことがありました。

12月22日、つまり一昨日、
日本伝統俳句協会の
神奈川・東京合同句会がありました。
吟行地は横浜港。
句会場は波止場会館でした。

この合同句会で
麻布俳句教室の一剣さんが
2句も特選に選ばれました。
すごい、一剣さん!
おめでとうございます!!


藤木和子先生選
特選第1席(募集句)

どんぐりを握らぬ方の手をつなぎ

坊城俊樹先生選
特選第2席(当日句)

この辺り古りし英国冬薔薇

特選に選ばれると、
選んでくださった先生から
色紙が授与されるそうです。
一剣さんに後日、色紙の
画像を見せてもらおうっと。

一剣さん、おめでとうございます!!

おめでとうの気持ちを込めて、
東京タワーのハートの画像を送ります!

東京タワーハート (338x450)

昨日、12月22日は冬至でした。
北半球で冬が最も短くなる日。
粥やカボチャを食する日。
そして、柚子湯に入る日です。
onsen_capybara

近年では冬至のニュースで
なぜかカピバラが柚子湯に
つかっているところが
もっぱら放映されます。
というのも、カピバラは温かいところを好む動物で、
温泉に入っているところを
見られる場所は全国にかなりあるようです。
「カピバラ温泉ベスト16」
ですので、各地のニュース番組で
紹介されることが多いのです。

冬至に関係する季題は
冬至以外にも、
冬至粥
冬至梅
冬至風呂
冬至湯
があります。

冬至梅(とうじばい)は、
冬のうちから咲き出す
冬の梅、寒梅のことだそうです。


朝日より夕日こまやか冬至梅
野澤節子


↑このページのトップヘ