先週、出雲に行ってきました。

空から見た日本海は
夏色でした。
IMG_2626 (450x338)

山陰に行ったら
どうしてもやりたいことがありました。
それは、「山陰の薔薇」を食べること。

こちらが、それです。
IMG_2644 (450x338)

島根県には「バラパン」というパンがあり、
鳥取県には「白バラ牛乳」という牛乳があります。
それをペアリングして食べたいと
思ったのでした。

残念ながら、お店にあった白バラ牛乳は
大きな牛乳パックと、
ドトールコーヒーとのコラボ商品のみ。
ですので、ちょっとイレギュラーな
「山陰の薔薇」ができあがりました。

上にアイシングした
バラパンもあり、「白バラパン」といいます。
そちらを合わせれば、「山陰の白い薔薇」に
なりましたね。

そして、山陰の地元紙で
興味深い記事を発見しました。

本来、鳥は昼行性で、
哺乳類は夜行性。
夜は色彩があまり意味を持たないので
哺乳類は多くの色を見分ける能力が
鳥に比べて劣るとのこと。

人間は識別できる色彩が約1000万色、
対して鳥は1億色なのだそうです。
紫外線も色として識別できるというから
驚きです。

鳥の目で見ると、世界はどのように見えるのでしょう。
彩り豊かな世界に鳥は生きているのですね。

では、今日は鮮やかな色の鳥の句を。


瑠璃鳥の色のこしとぶ水の上
長谷川かな女

ちなみに、瑠璃鳥は
夏六月の季題です。