令和、最初の投稿です。

10連休も半分が経過しようとしています。
いかがお過ごしでしょうか。

連休に入った初日、風虎さんからメールが。
上野の東京国立博物館・平成館で開催中の
「国宝 東寺 空海と仏像曼荼羅」に
行ってきたそうです。

仏像は撮影可で、
画像を送ってもらいました。
送られてきたのは、
仏像15体のうちの
帝釈天騎象像の画像です。
0428東寺帝釈天 (1)

なんと整ったお顔でしょう!
ハンサムの極み!

風虎さん、
このアングルが
特に美しさが際立ちますね。

心が洗われます。

では、東寺の登場する俳句を
ご紹介。

虫干や東寺の鐘に遠き縁
飯田蛇笏

塔ばかり見えて東寺は夏木立
小林一茶


いずれも夏の句ですが。

風虎さんが博物館に行った翌日、
香深は芝公園を通りかかりました。
平成最後の日、芝公園には
写真のような行列が!
一体何事かと、行列に並ぶ人に
問うてみました。
IMG_0177[377]

すると、芝公園や増上寺に隣接する
宝珠院の御朱印に
並んでいることが判明。
和な毎日にありがとう
笑顔あふれる未来に
りますように」
と書かれた御朱印。
最後尾がどこだかわからないほど
長い列でした。

令和の初日も長蛇の列が
できていたみたいです。


令和初日の御朱印には、
「碧い空に風薫る
慶びの今
月を祝す
やかな美しい
未来への虹の架け橋に」
と記してあったそうです。