昨日は気温が
20度にも達せず、
肌寒かったですが、
今日はよく晴れて、
暑くなりそうです。

今年の梅雨は
長引きそうだと
聞きましたが、
今日は梅雨の晴れ間。
洗濯日和です。

さて、先週の土曜日
梅雨曇りの下、
麻布俳句教室は
句会を行いました。

吟行地は有栖川宮記念公園。
兼題は、紅の花、繭 でした。

さっそく、句をご紹介します。


梅雨寒の降りみ降らずみてふ朝
翡翠
蝸牛の赤ちゃん2
ででむしの子の渾身の角のばし
佳織

一本の光となりて繭の糸
一剣

糸繰りや転がり踊る繭の玉
道楽

鉄柵に蛞蝓の道銀の道
香深

繭一つ蔟に零れ藁の中
キヨ子

白繭に令和の光差し初むる
栄子

高麗の姫しずしずと紅の花
詩音

天蚕の繭の煌きうすみどり
如翠

白繭のいのち静かに透けてをり
ひとみ

夏帽子四つ葉探しつ花編みつ
風虎