麻布俳句教室

麻布で俳句――。「卯浪俳句会・麻布教室」で俳句を学ぶ仲間の活動記録です。

毎月第2土曜日開催の卯浪俳句会・麻布教室は、一緒に学ぶメンバー募集中です!当教室の詳細は、本ブログの「麻布俳句教室について」「佳田翡翠講師について」をご覧ください。 体験ご希望の方は、online@haiku.jp へご連絡ください。

2018年02月

いつも俳句を詠むときは
ホトトギスの歳時記を
片時も離さないのですが、
たまたま他の歳時記を手に取る機会がありました。

正直に言います。
ホトトギスの歳時記に忠誠を誓いながら、
恥ずかしながら浮気しました。
浮気の相手は、
水原秋櫻子さんの歳時記です。

王道の『ホトトギス歳時記』第3版同様に
『俳句歳時記』
いいですね♪
_SX332_BO1,204,203,200_

こちらは調べるためというよりも
読み物。
それも、すぐさま読み通すというよりも、
今、このときの季節をじっくりと
読む感じ。

もちろん、作句のときは、
ホトトギスの歳時記を忘れずに。
浮気した分、いい句を詠まなければ。

2月10日に開催した句会。
今日は、句会での
メンバーの句をご紹介します。

吟行地は、国際文化会館の庭園。
兼題は、風花・竹馬・蕗の薹 でした。



手鏡の中で目の合ふ古雛
一剣


押しのけて押しのけられて蕗の薹
ひとみ

寒梅の香りをまとひ来し家路
珂門

静けさや松葉千本春浅し
詩音

竹馬の頭が通る塀の外
キヨ子

露天湯やしばし風花遊ばせて
道楽

残雪や小さき足跡点点と
如翠

風花やあと二十分待つホーム
香深

冴返る白雲池に落ちしまま
栄子

をさなごの手に風花の吸はれけり
風虎

遠き日を夢見るやうな古雛
翡翠

IMG_8608

そういえば、明日から雨水。
雪を解かす雨の季節ですね。
刻々と春が進行中です。


昨日、2月10日、
2月の句会を開催しました。

吟行地は、
国際文化会館。
旧岩崎邸です。

IMG_2136 (450x324)

昭和30年に国際文化会館になりました。

庭園は、近代日本庭園作庭の先駆者として有名な、
京都の造園家「植治」の小川治兵衛の手によるもの。
現在のお庭も、当時の姿をほぼ残しているそうです。

IMG_2142 (450x337)

昨日は、比較的暖かな陽気で、
吟行日和でした。

IMG_2144 (338x450)

三々五々、庭園を巡った後、
館内でランチ。
いつもの麻布十番の会館に移り、
句会を開催しました。

メンバーの句は
また後日、アップします。

最後に麻布十番商店街の
お店のショーウィンドウに飾ってあった
立派なお雛様を。(撮影:詩音さん)

IMG_8608


卯浪集12月号の特選に
麻布俳句教室のメンバーの句も
選ばれました。

さっそく特選句をご紹介します。

北風に向ひ幾度も逆上がり
詩音

冬耕の眠りはじめし土を掘る
栄子

海峡の潮うごきだす神の旅
ひとみ

千年の銀杏を残し神の旅
一剣

木枯や国会議事堂あたりより
香深


5句が特選でした。
すごい。

詩音さんとひとみさんは
2ヵ月連続!

おめでとうございます。
今年もみんなで和気あいあい、
俳句の勉強に励みたいです。

ブログのPC版のデザインを
変更しました。
いかがでしょう?


今日は2月4日(日曜日)。
立春ですね。

「明けましておめでとう」と
言い合っていたのは、ついこの前だった気が。
早いものです。

立春。
春2月の季題。
今日は厳しい寒さですが、
立春ときけば、
寒さももうじき和らぐだろうという
明るい気持ちになります。


さざ波は立春の譜をひろげたり
渡辺水巴


1月は月を堪能しました。
冬の月は高い空を移動しますから、
真上を見上げて
1月2日の大きな満月や
31日の皆既月食を楽しみました。

では、その冴えた月を名残惜しみつつ。


スーパームーン (337x450)

1月2日のスーパームーンと、

皆既月食 (450x338)

31日のスーパー・ブルー・ブラッドムーン。

楽しい2月になりますように。


↑このページのトップヘ