麻布俳句教室

麻布で俳句――。「卯浪俳句会・麻布教室」で俳句を学ぶ仲間の活動記録です。

毎月第2土曜日開催の卯浪俳句会・麻布教室は、一緒に学ぶメンバー募集中です!当教室の詳細は、本ブログの「麻布俳句教室について」「佳田翡翠講師について」をご覧ください。 体験ご希望の方は、online@haiku.jp へご連絡ください。

2020年06月

暑くなったり、涼しくなったり、
涼しくなったり、暑くなったりを
繰り返し、繰り返して、
とうとう
蒸し暑い季節になりましたね。

昨日、卯波の5月号が届きました。
今回も、すてきな句が
たくさん特選に選ばれました🎉

では、早速ご紹介します。


小川みゆき先生選

プリンセスごつごのブーケ姫ぢよをん
風虎

髪切つて鏡まぶしき薄暑かな
栄子

抜井諒一先生選

鯉のぼり畳み目玉となりにけり
風虎

山門の中の明るさ新樹晴
栄子

神職の浅葱の衣夏に入る
栄子

花水木新装なりし美術館
栄子

青空を遮る日差夏に入る
詩音

一番は菖蒲に譲り風呂に入る
佳織

掴みたる口より大き柏餅
一剣

渡辺光子先生選

鯉のぼり畳み目玉となりにけり
風虎


特選の皆さま、おめでとうございます。

梅雨入りし、
昨日、東京は大雨でした。
外出自粛に慣れ過ぎて、
出かけられない週末を
何とも思わなくなりました。
慣れとは恐ろしいですね。

さて、先日、『卯波』の4月号を
送っていただきました。
4月号からは少し選句の仕組みが変わり、
『卯波』のデザインも変わりました。

このブログで、麻布俳句教室の仲間の
特選句をご紹介してきたのですが、
最近、ずっと遅れがちで
ご迷惑をおかけしました。
やっと発行・発送のペースに
ブログ掲載が追い付きました。

では、早速、
仲間の特選句をご紹介します。

藤森荘吉先生選

時ならず巷しづめし春の雪
風虎

雪柳風にまかせて散り急ぐ
キヨ子

ベーコンの微かな匂ひ春眠し
香深

浮き雲を呑んで芝生の昼寝かな
道楽


武藤たみ先生選

爆音も機影も包み花曇
栄子


佳田翡翠先生選

ためらひも憂ひも見せず君子蘭
栄子

枳殻は白い光のやうに咲き
珂門

枳殻の花水色のランドセル
佳織

枳殻の花ひらひらと棘の中
一剣

特選の皆さま、おめでとうございます。

先日、映画『日日是好日』を
観ました(もちろん自宅で)。
季節の移ろいを
敏感に感じ取り、
瞬間・瞬間を大切に味わうーー。
まるで俳句のようだと
想いながら楽しみました。
いい映画でした。


↑このページのトップヘ