去る1月27日(月)、
角川文化振興財団が主催する
角川俳句賞・短歌賞の
贈呈式が行われました。

俳句賞には、
卯波俳句会の
原宿教室で学ばれた
抜井諒一さんが選ばれました。

贈呈式の様子、および
抜井さんのご挨拶は、
こちらでご覧いただけます。

または、ツイッターならば、
みどり(@jinshirou1)さんの
ツイッターにも参加されたときの
様子が紹介されています。

なお、受賞作は「鷲に朝日」(50句)。
『俳句』の11月号に紹介されています。

ちなみに、抜井さんは
今は卯波俳句教室の講師です!