麻布俳句教室

麻布で俳句――。「卯浪俳句会・麻布教室」で俳句を学ぶ仲間の活動記録です。

毎月第2土曜日開催の卯浪俳句会・麻布教室は、一緒に学ぶメンバー募集中です!当教室の詳細は、本ブログの「麻布俳句教室について」「佳田翡翠講師について」をご覧ください。 体験ご希望の方は、online@haiku.jp へご連絡ください。

カテゴリ: 麻布俳句教室について

先週の土曜日、8月10日に
開催した
麻布俳句教室の句会は
席題による句会でした。

翡翠先生から出された席題は
花火
法師蝉


兼題(仙人掌と行行子)と
合わせて7句を投句。
いつもどおりの手順で
句会を開催しました。
IMG_0512

その中から「今日の一句」を
ご紹介します。

風が風雨が雨呼ぶ行行子
翡翠

葭切のひと息つくや川の音
栄子

暮れなずむ一村包む法師蝉
道楽

隅田川川面に映る大花火
如翠

路地裏の線香花火の淡き夜
珂門

花火死す烟となりて消えゆけり
香深

里山の夕日に映える芒かな
キヨ子

逆光の重みに揺るる芒かな
佳織

道標無き道の果て芒原
一剣

ゆふぐれや芒野原にかくれんぼ
詩音

尾根づたひすすき野分ける一人旅
風虎


芒
(撮影:詩音さん)

このブログに載せるため
各自、「今日の一句」を
選んでもらうのですが、
今回、仙人掌の句が
一句も
ありませんでしたね。
こんなこと、これが
初めて!
仙人掌。
案外、むずかしかった…。

昨日、8月10日、
麻布俳句教室の8月句会を
開催しました。

8月は恒例の席題による句会です。
今夏で3回目になります。

翡翠先生は欠席でしたので、
私たちだけで句会を催しました。

事前に翡翠先生から
お題が幹事の一剣さんに
届いており、
集合時間の13時に
それが貼り出されました。

花火、芒、法師蝉

さて、いよいよ句会のスタートです。
IMG_0512

2時間内に5句を作り、
あとはいつもの流れで
着々と句会が進行しました。

翡翠先生の入選と特選を
うかがえないこと。
句を評していただけなかったことが
寂しかったですが、
後で句評をいただけるとのこと。
どういう言葉がいただけるか
それも楽しみです。

楽しみといえば、
8月はこちらも恒例の暑気払い。
如翠さんと詩音さんが
翡翠先生の名前と縁?のある
「川せみ」という
おしゃれなお蕎麦屋さんを
予約してくださいました。
IMG_0516

こちらも「川せみ」の
主役の翡翠先生が
いらっしゃらなくて残念でしたが、
おいしいお酒もあって、
盛り上がりました。

メンバーの句は近日公開します

関東地方の梅雨も
いよいよ明けそうな
感じになってきました。

今朝、隣家との境に
小さな蟷螂を発見しました。
190728かまきり

6月の吟行のとき、
有栖川宮記念公園で
蟷螂の卵を発見したのですが、
それら卵も孵化し、
この写真の蟷螂くらいに
成長しているかもしれません。

そして、ひとつお知らせです。
私たち麻布俳句教室は
卯波俳句教室の一教室ですが、
同じ卯波俳句教室の柏教室で
フルポン村上さんの「俳句修行」が
行われました!!
朝日新聞の「好日好書」には、
村上さんが
毎回、あちらこちらの句会に
参加される
人気シリーズ「俳句修行」があります。
今号は、田丸千種講師の柏教室。
原宿教室と横浜教室も参加して
開催された句会の様子が
紹介されています。
詳しくは、
こちら でご覧ください。

というお知らせに続き、
本題へ。

7月13日(土曜日)に開催した
卯波俳句教室の麻布教室の句会。
メンバーの句をご紹介します。

吟行地はサントリー美術館。
「遊びの流儀」という
展示を観ました。
IMG_0497

兼題は、道をしへ と 浴衣。

では、翡翠先生の句から
スタートです。

源氏絵の雲のかゝりし夏館
翡翠

しめやかな時を刻んで扇舞
如翠

虫干や衣桁に掛けし能衣装
詩音


貝合逢へぬ人待つ夏座敷
一剣

道をしへ父母の奥津城知るやうに
栄子

道をしへ訊いてみようかかの家を
珂門

斑猫や棚に古びたサリンジャー
香深

一摘み肩上げとりて初浴衣
キヨ子

勝力士肩盛上げて浴衣掛
風虎

からからと子の夢揺するラムネ瓶
ひとみ

トレビアン響きて美術館涼し
佳織

薄荷摘み指で擦りて涼を呼ぶ
道楽


道楽さんと佳織さんは
句会の日は欠席だったのですが、
二人とも事前に美術館に
行って欠席投句を出され、
参加者皆で感心しました。

来月の句会は
8月恒例の
席題による句会です。
ドキドキ。



子供たちは
待ちに待った夏休みに。
先週から蝉がミーンミーン。
本格的な夏です。

そんな夏も
俳句三昧です。

『俳句界』7月号の
「作品6句」に、
我らが翡翠先生の句が
掲載されています。
ぜひぜひご覧ください。
125ページです。

さて、今日、
一剣さんから
写真が送られてきました。
風鈴市に行ってきたそうです。
image2小

川崎大師の風鈴市。
17日(水)から今日まで開催中。
全国から3万個の風鈴が
集まるそうですから、
涼やかな音というよりも
さぞや賑やかでしょうね。
image3小

ユニークな風鈴がたくさん。

美しき風鈴一つ売れにけり
原石鼎


最近、風鈴を
吊るさなくなりました。
ご近所迷惑になるからと。
事情はわかるけれど、
何だか寂しい。

風鈴のよく鳴り幸福さうな家
村山故郷


こんな感想が
持てればいいですが。

麻布俳句教室の
7月句会の
メンバーの句は
次回、掲載いたします。


昨日、7月13日、
麻布俳句教室は
月例の句会を開催しました。

今月はちょっと趣向を変えて
六本木のミッドタウン東京にある
サントリー美術館に
行きました。

サントリー芸術財団50周年
遊びの流儀
~遊楽図の系譜~

をテーマに
展示をしているので、
昔の遊びに
インスピレーションを得て
句を詠もうと企画しました。

といいますか、
7月は暑くて
熱中症が心配だからと
美術館を吟行地に
選んだのでした。

しかし、今年の夏は
今のところ涼しくて
当てが外れましたが、
当教室史上最も難しい
吟行にトライしました。

1時間半ほど
遊楽図を鑑賞した後、
ミッドタウン東京内の
オランジェで
ランチを。

その後、電車で移動し、
港勤労福祉会館で
句会を開催しました。

今回は難しく、
翡翠先生選の
入選・特選句は
いつもより少なめ。

次回は、
その中でも自信の句を
ご紹介します。

なんだか、昨日は
いつもと違う吟行だったので
写真を撮るのを
すっかり忘れていました。

風虎さんから
浅草寺の
ほおずき市の写真が
送られてきましたので
カラフルな写真を
掲載します。

190710ほうずき市1

浅草寺のほおずき市といえば、
テレビのニュースでも
毎年報じられるほど有名。
浅草の風物詩ですね。
190710ほうずき市2

なんでも四万六千日の
功徳を得られる、
つまり、一生分の
功徳があるという
ありがたい縁日です。

四万六千日って、
126年!
すごいですね。

土砂降りの四万六千日の市
清崎敏郎

何年か前、
麻布俳句教室は
このほおずき市で
吟行しました。
この句のように
土砂降りの吟行でした。

今年は雨に降られず、
風虎さん、よかったですね!

↑このページのトップヘ