麻布俳句教室

麻布で俳句――。「卯浪俳句会・麻布教室」で俳句を学ぶ仲間の活動記録です。

毎月第2土曜日開催の卯浪俳句会・麻布教室は、一緒に学ぶメンバー募集中です!当教室の詳細は、本ブログの「麻布俳句教室について」「佳田翡翠講師について」をご覧ください。 体験ご希望の方は、online@haiku.jp へご連絡ください。

カテゴリ: 麻布俳句教室について

早いものでもうすぐ9月です。
立秋はとうに過ぎ、
秋の季題で詠みたいところですが、
こう暑くては、
なかなか秋の気分にはなれません。

日本、いや世界には、
一体いくつの俳句の会があるのでしょう。
そのうちの多くが
句会の開催ができない
状況なのではと思います。

かくいう麻布俳句教室も
そのひとつです。
2月8日に
有栖川宮記念公園で
句会を開催しましたが、
その後は開催休止が続いています。

その間は
毎月、所定の締め切り日までに
7句を投句。
その後、幹事の一剣さんから
送られてくる会報に
佳田翡翠先生の選および句評が
掲載されるのを
首を長くして待つという
毎月になりました。

会報に掲載された
教室の仲間の皆さんの句を読むと、
各人の生活の様子が想像されます。

もともと半径数メートルの句を
詠むのがうまい栄子さんは
外出自粛中にも
生活の中の小さな発見を
楽しまれている様子。

当教室の植物博士、
キヨ子さんは
ご自宅の庭先でしょうか、
季節ごとの樹木、草花を
愛でておられる様子が
句にも表れています。

作句の種はあらゆるところに
見つけることができるのでしょうが、
その見つけ方には
個性が出るもの。

そんなことで、
新しい会報の読み方を
発見した思いでいる
今日この頃です。

暑くなったり、涼しくなったり、
涼しくなったり、暑くなったりを
繰り返し、繰り返して、
とうとう
蒸し暑い季節になりましたね。

昨日、卯浪の5月号が届きました。
今回も、すてきな句が
たくさん特選に選ばれました🎉

では、早速ご紹介します。


小川みゆき先生選

プリンセスごつごのブーケ姫ぢよをん
風虎

髪切つて鏡まぶしき薄暑かな
栄子

抜井諒一先生選

鯉のぼり畳み目玉となりにけり
風虎

山門の中の明るさ新樹晴
栄子

神職の浅葱の衣夏に入る
栄子

花水木新装なりし美術館
栄子

青空を遮る日差夏に入る
詩音

一番は菖蒲に譲り風呂に入る
佳織

掴みたる口より大き柏餅
一剣

渡辺光子先生選

鯉のぼり畳み目玉となりにけり
風虎


特選の皆さま、おめでとうございます。

外出自粛をしていると
あっという間に1日が、
そして1ヵ月が経過する
気がします。

皆さま、お元気で
いらっしゃいますか?

金曜日に久々に
外に出ました。

その前に外出したときは
まだ硬い蕾だった
紫陽花の蕾が
ほころんでいました。

ほぼ同じ場所で
撮影した写真です。
こちらが5月2日。
200502紫陽花

そして、こちらが5月15日。

200515紫陽花小

さて、そんな初夏に
『卯浪』2月と3月の
麻布俳句教室メンバーの
特選句を一挙にご紹介します。
季節外れで、本当にごめんなさい💦


<2月号>
今井肖子先生選

春空にクレーンのたりと動き出す
香深

岩肌の苔のふくらみ春隣
如翠

ふらここの母子近づきては離れ
佳織

山﨑貴子先生選

ふらここの母子近づきては離れ
佳織

<3月号>
肥塚英子先生選

背中まで元気いつぱい春の泥
風虎

蒲公英やポニーテールの逆上がり
香深

白木蓮咲き継ぐ窓となりにけり
佳織

葦の角小さな決意生まれけり
一剣


特選の皆さま、
おめでとうございます。

今日の東京は
とてもよい天気ですね。
気持ちの良い初夏の日を
楽しみましょう。

麻布俳句教室では、
今年に入り、よいニュースが続きました。

一剣さんが第6回卯浪年間賞を受賞。
そして、
佳織さんが第31回日本伝統俳句協会の
新人賞を受賞しました。

立て続いた朗報に
我々は授賞式に
どんな服を着て参列するか、
祝杯はどこであげるかなど、
大いに盛り上がりました。

残念ながら、
新型コロナウィルス感染症の拡大で
授賞式自体が中止になり、
同じ教室の仲間の
晴れ姿を見ることはできませんでした。

その後、佳織さんには、
朝日新聞から原稿依頼が!
同紙夕刊の4月8日(水)号の
「あるき出す言葉たち」に
俳句が掲載されました。

「あるき出す言葉たち」は、
新進の俳人・歌人・詩人が
登場するコーナーで、
4月8日号には、
佳織さんの『光陰』12句が
載りました。

著作権の問題で
転載はできませんが、
ちょっと斜めからのアングルの
写真を貼り付けます。
image0

このような時期なので、
ご興味のある方は
図書館でご覧くださいとは
いえませんが、
お手元に同紙をお持ちの方は
ぜひ佳織さんの句を
ご鑑賞ください。

2月8日に開催した
麻布俳句教室の
2月句会。

メンバーの句を
ご紹介します。

兼題は
寒昴と春隣。

吟行地は
有栖川宮記念公園でした。

当日ご欠席だった翡翠先生からは
直後に「今日の一句」を
いただいていましたが、
ご紹介が今日になってしまいました💦

では、翡翠先生の御句からどうぞ。


わが骨の音無き音よ寒昴
翡翠


続いてメンバーの句を。

春隣小町通りの金平糖
一剣

氷解け土踏む靴の重きこと
如翠

極北を目指す旅人寒昴
道楽

水面より幹に映ろふ春日かな
香深

ふらここの母子近づきては離れ
佳織

西高東低緩む気圧に春隣
キヨ子

一望にタワーとツリー春隣
栄子

朝ぼらけ富士はピンクに春隣
詩音

襟もとに遊ぶ風あり春隣
風虎


今日の写真は、
佳織さんが欠席投句の
作句のために訪れた
有栖川宮記念公園で
偶然見つけて
撮影したカワセミです。
東京のど真ん中の奇跡!

kawasemi

カワセミは
翡翠先生の「翡翠」の字と同じ。
麻布俳句教室の我々にとって
特に意味ある鳥です。



↑このページのトップヘ