麻布俳句教室

麻布で俳句――。「卯浪俳句会・麻布教室」で俳句を学ぶ仲間の活動記録です。

毎月第2土曜日開催の卯浪俳句会・麻布教室は、一緒に学ぶメンバー募集中です!当教室の詳細は、本ブログの「麻布俳句教室について」「佳田翡翠講師について」をご覧ください。 体験ご希望の方は、online@haiku.jp へご連絡ください。

カテゴリ: 吟行地

卯浪俳句会・麻布教室は
主として東京都港区麻布界隈で
句会を開催しています。

港区麻布周辺は、
坂が多く、意外と緑が多い地域です。
緑が多いのは、江戸時代に
藩邸(主に中屋敷や下屋敷)が
多かったからだと思います。

ですから、坂道の名前にも、
日向坂、仙台坂など
かつてそこに所在した藩邸に
由来するものも少なくありません。

地下鉄日比谷線の広尾駅に近い
有栖川宮記念公園は、
南部坂に面しています。
その名からも容易に想像できるとおり、
盛岡南部藩の下屋敷の跡地です。

明治になり、有栖川宮親王の
新邸御用地に。
そして、今は区立公園です。

この公園の特徴は、
坂に面していて、高低差があること。
そのせいで奥行のある景観に
なっている点です。

写真コンテストが開かれるくらい
自然も豊かなので、
吟行にはぴったり。

詳細やアクセスは、
こちら をご覧ください。


普段街を歩いていても、
吟行になると聞きました。
毎日1句を作れば、
上達がはやいと耳にしたこともあります。

そうはいっても、
普段閉じた感覚を開いて、
何かを見つけよう、感じようとするには、
創作意欲をかき立てられる場所に
出かけるのがいいなぁと感じます。

ということで、
卯浪俳句会・麻布教室で紅葉の頃に行く六義園。


六義園

この写真は去年10月16日のものです。
今の季節なら梅、春には入口近くのしだれ桜と、
季節ごとに楽しめる庭園ですよね。
いつ吟行に行っても、題材には事欠かない感じです。

お抹茶とお菓子を楽しみながら、池を眺めていると、
頭も心も緩んで、リラックス。
(あ、この時期はリラックスには寒すぎるかも、ですね)

いつかライトアップされるときに
行ってみたいと思っています。

【六義園】
住所: 東京都文京区本駒込6丁目
開園時間、休園日、入園料、アクセスは 
こちら へ


↑このページのトップヘ