麻布俳句教室

麻布で俳句――。「卯浪俳句会・麻布教室」で俳句を学ぶ仲間の活動記録です。

毎月第2土曜日開催の卯浪俳句会・麻布教室は、一緒に学ぶメンバー募集中です!当教室の詳細は、本ブログの「麻布俳句教室について」「佳田翡翠講師について」をご覧ください。 体験ご希望の方は、online@haiku.jp へご連絡ください。

タグ:サボテン

我が家に
10年以上ある
サボテンに今頃になって
花が咲きました。

ここ何日か、
暑かったので、
びっくりして
咲いたのでしょうか。

久々に見る可愛い花。
サボテンの花

夜中に思い出したように
撮影したので、
しぼみがちですが。

サボテンの花は
夏の季題。

曖昧のなき仙人掌の花の色
小林草吾


たしかに、
ビビッドな色です。

そして、昨日、
街を歩いていたら、
綺麗な紫色の花を発見。
サルビア・レウカンサ

調べたところ、
サルビアの一種で、
サルビア・レウカンサと
いうそうです。

サルビアも夏の季題。
しかし、このレウカンサは、
秋から晩秋にかけて
咲く種類なのだそう。

久々に角川学芸出版の
歳時記から――。

サルビアのどつと暮たる海のいろ
黒田杏子



明日から立秋なので
今日は夏らしいテーマで
書きたいなと思っていたら、
詩音さんから
ソンブレロが似合いそうな
画像をいただきました。

サボテン1 (179x450)

ものすご~く立派な
背高のっぽの
サボテンですね~。
日本じゃないみたいです。

サボテンは誤解されている
植物かもしれません。
サボテンは水も
やらなくてもいいし、
暖かいところに
置いておけばいいから
育てるのが楽だと
思いがちですが、
どうやらそうでもなさそうです。

実際、根腐れを起こした、
枯らした、という経験は
珍しいことではありませんよね。
私も何度か経験しました。

実際は水をやらねばならないし、
直射日光に当たりすぎるのも
よくないらしく、
案外育てるのが
難しい植物です…。

今育てているサボテンは
我が家に来て15年以上。
根腐れで、2度ばかり
大きな手術をしました。
サボテン3

ですから、詩音さんが
送ってくれた大きなサボテンの
写真を見たとき、
育てられた方の園芸の知識と技に
感動しました。

おっと、俳句、俳句。
サボテンは、夏の季題。
サボテンの花も、夏の季題です。
漢字では、仙人掌、覇王樹。

曖昧のなき仙人掌の花の色
小林草吾


詩音さんの写真のサボテンにも
今にも咲きそうな蕾があります。
もうすぐ「曖昧のなき」色の
花を咲かせることでしょうね。

↑このページのトップヘ